モナリザタッチ

モナリザタッチ

モナリザタッチ

モナリザタッチは微小循環に効果がある、顔の炭酸ガスレーザー療法を膣粘膜に適用した治療機器です。

分娩後や閉経後の女性ホルモンの低下で脆弱化した、皮膚や粘膜を刺激します。 外陰部や膣の乾燥感、かゆみ、イガイガ感、帯下のにおい等、性交痛や性交出血等GSM(閉経関連泌尿生殖器症候群)の症状に効果があります。
施術は内診台で数分程度、痛みはほとんどありません。当日は施術部にヒリヒリ感が多少残りますが、翌日から自宅入浴もできます。
一回の施術でも効果を実感していただけますが、回数を重ねることで更なる効果が期待できます。

ホルモン補充療法とは全く違うアプローチのためホルモン補充療法が禁忌である、ホルモン受容体陽性の乳がんの方、子宮体がんの方にも適した治療です。

当院では、症状を認める方への日常でのデリケートゾーンのケアの指導から治療、施術後のアフターケアまで行っています。
施術希望の方は お電話にてご予約受け付けております。

モナリザタッチ
モナリザタッチ 施術の流れ モナリザタッチ 施術の流れ

◎初診当日に施術を希望される方は、予めお電話にて御予約して下さい。
◎その際、「膣レーザー「モナリザタッチ」治療説明書・同意書」をダウンロード可能な方は、ご持参ください。

モナリザタッチ 治療説明・同意書
タイトルとURLをコピーしました