膣外陰部レーザー治療

 

GSMに対する膣外陰部炭酸ガスレーザー治療 モナリザタッチ

GSMに対する膣外陰部炭酸ガスレーザー治療 モナリザタッチ
 
 
 
閉経後性器・尿路症候群(GSM)とは、更年期頃から始まり閉経後に持続する、外陰部や膣の乾燥感、かゆみ、イガイガ感、帯下の症状やにおい、性交痛等の不快症状を主とした病態です。
閉経後女性に多い疾患でQOL低下や性機能に大きく影響しています。
治療としては、ステロイド軟こうやホルモンの局所や全身治療に加えてレーザー治療も有効です。
当院では 症状を認める方へ日常でのデリケートゾーンのケアの指導から治療までを行っています。
​施術希望の方は お電話にてご予約受け付けております。
 
 

モナリザタッチ 治療説明・同意書

モナリザタッチ 治療説明・同意書
 
( 2018-08-29 ・ 327KB )
286630
<<医療法人社団 恵友会 久保みずき女性・検診クリニック>> 〒651-2273 兵庫県神戸市西区糀台5丁目6番3号「神戸 西神オリエンタルホテル」3階 TEL:078-990-3030 FAX:078-990-3050