子宮頸がん精密検査

 

子宮頸がん精密検査 コルポスコープ HPVジェノタイプ検査

子宮頸がん精密検査 コルポスコープ HPVジェノタイプ検査
 
子宮頸がん検診で細胞診の結果に異常がある場合には、コルポスコープという子宮頚部を拡大して観る機器を用いて子宮頚部を観察します。
酢酸を塗布後、数分程度しっかりと観察を行い、病変部位の組織採取を行います。
子宮頸がんの前段階である、子宮頚部異形成の程度を顕微鏡の検査で判定し、進行度に応じた間隔で定期検診を行っていきます。 
軽度異形成~中等度異形成の結果の場合は、子宮頸がんの原因である、ハイリスクヒトパピローマウイルスの型判定を行い、進行のリスクを考慮した間隔で、定期検診を行い慎重に経過を診ていきます。  
高度異形成以上の場合は高次施設へ紹介させていただいています。                
248246
<<医療法人社団 恵友会 久保みずき女性・検診クリニック>> 〒651-2273 兵庫県神戸市西区糀台5丁目6番3号「神戸 西神オリエンタルホテル」3階 TEL:078-990-3030 FAX:078-990-3050